傷は直さない

バイクを買い取ってもらうとき、日頃メンテナンスをきちんとして、最後に洗車をして出すことをポイントとして挙げました。それはたしかにとても大切ですし、あなたのバイクをよりよく見せるうえでかかせないことといえるでしょう。しかしながら、重要なポイントとして、伝えておきたいことがあります。それは、傷やへこみはあえて直さずそのまま査定に出すこと。「えっ直さないの?」と驚かれるかもしれませんが、直さないほうがかえってあなたが得をすることになるからです。

なぜ直さないか。まず、あなたがバイクを直そうとしたとき、部品や修理道具を購入して直すことになります。そして直して出せば、結果的に修理前よりも多少査定金額は上がるはずです。しかしながら、忘れてはいけないのが、あなたはその部品や修理道具分損をしているということ。

バイクを買取してくれるところであれば、それらの修理道具は持っているはずですし、一般であなたが購入するより安く済むはず。だから多少査定額が下がっても、あとで業者に直してもらうほうが、時間や手間、金額面でもあなたが得になるのです。査定時に素直に相談するのがよいでしょう。バイクを買取してもらうときに忘れがちなポイントなので、覚えておいてください。

査定前のメンテナンス

バイクのメンテナンスはきちんとおこなっていますか。じつのところ、バイクをきちんとメンテナンスしてきれいに扱っているかどうかは、買取するときにとっても大切な情報なのです。これは服などを売るときでも同じことです。服でも洗い方を間違えたりしてよれよれとしてしまうものよりは、毎日きちんと手入れされたきれいなもののほうが売れやすいです。

バイクのメンテナンスなんて全然していない……なんてことがないよう、日頃の手入れには気をつけてください。ここでポイントなのが、バイクの整備記録をとっておき、記録簿を用意しておくこと。バイクをメンテナンスしていることが証明できれば、査定でより有利になります。また、査定の前には必ず洗車しておくことをおすすめします。ひごろのメンテナンス+最後の仕上げである洗車をすることで、あなたのバイクはきれいな状態となって査定に出すことができるからです。

注意しておきたいのは、もし事故などでバイクを修理したことがあるのであれば、査定時にきちんと申告すること。下手に隠すと査定に悪影響がありますし、何よりいわなくてもばれることが多いので、先に自分でどんな事故でどんな修理をしたかを申告しておきましょう。

バイクを査定してもらおう

このバイク、もう乗らないかもしれない……そんなバイクがあるのであれば、家に眠らせておくのはもったいないかもしれません。さらに捨てるなんてもってのほかです。もしかするともっと乗りたい人がいて、あなたのバイクを買いたい方がいるかもしれないからです。家に眠っているバイクがあるのであれば、ぜひ査定に出してしまいましょう。

とはいえ、査定に持っていくのはちょっと面倒と思っていませんか?バイクに乗っていけばいいけれど、帰りは困ってしまうし、場所によっては確かに手間になるかもしれませんね。しかしながら最近では出張査定と呼ばれる自宅に来てくれる査定もあるので、こうしたサービスを利用するのがよいでしょう。

そしてバイクを買取してもらうのであれば、どうせならできるだけ高く買い取ってもらうように工夫しましょう。わざわざ何かをほどこす必要はありませんが、たとえばパーツの有無は買い取り価格に大きくかかわってきます。査定してもらうときに用意しておきたいのは、バイクを購入したときのもともとの純正パーツすべてと、改造した場合はその改造バーツすべての両方。なぜかといえば、バイクを販売するときにノーマルでも改造したカスタムでもどちらでも使えますよ、というメリットがあると、買いたいと希望する客が増えるからです。

また、カスタムバイクは人気もあるので、改造パーツがあると人気が高まります。これらがあれば査定金額も多少増加する可能性があるので、ある部品はすべて用意しておくのがよいでしょう。